ホーム > 製品情報 > ジオメンブレン > 環境ジオメンブレン

環境ジオメンブレン

環境ジオメンブレンは一種のHDPEジオメンブレンで、主に不透明で半透明の熱可塑性樹脂材料 – ポリエチレン樹脂でできています。 高品質環境ジオメンブレン(HDPEジオメンブレン)は、高分子ポリマーで、無毒、無臭、無臭の白色粒子です。 その融点は約110-130℃であり、そしてその相対密度は0.918-0.965です。 環境ジオメンブレン製造業者(HDPEジオメンブレン)によって製造された環境ジオメンブレンは、良好な耐熱性および耐寒性を有する。 それは、良好な化学的安定性、高い剛性、および靭性、良好な機械的強度、環境応力亀裂に対する良好な耐性および引裂強度を有する。 密度の増加と共に、機械的性質およびバリヤー性は相応して改善され、耐熱性および引張強度はより高くなるであろう。 それは酸、アルカリ、有機溶剤および他の腐食に抵抗することができます。

お問い合わせを送信今すぐチャット
商品の詳細

環境ジオメンブレンの特徴

HDPEジオメンブレンの製造方法環境ジオメンブレンはブロー成形とカレンダー加工です。 普及した生産方法は吹込成形です、私達は生産ラインを進め、最大幅は10mである場合もあります吹くことのための最大厚さは2.5mmです。
アメリカの標準GRI GM-13に従って厳密に製造された環境ジオメンブレン工場価格、およびASTM法による試験。 だから、それは非常に良い耐紫外線性、耐老化性、耐食性、そして長い耐用年数を持つ、高品位の未使用のHDPEジオメンブレンです。
1. 環境ジオメンブレンは高い物理的および機械的指数を有する。引張強度は27MPa以上に達することがある。 破断点伸びは800%以上に達することがあります。 直角引裂強度は150N /mm以上に達することがあります。
2. 環境ジオメンブレンは良好な化学的安定性を有する:環境ジオメンブレン(HDPEジオメンブレン)は優れた化学的安定性を有し、下水処理、化学反応タンク、および埋立地で広く使用されている。 高温と低温、アスファルト、石油とタール、酸、アルカリ、塩、80種類以上の強酸とアルカリ化学媒体腐食に対する耐性。
3. 環境ジオメンブレンは高い抗浸透係数を持っています:販売用の環境ジオメンブレン(HDPEジオメンブレン)は普通の防水材と比べて比類のない抗浸透効果があります、そして水蒸気浸透システムK< = 1.0 * 10-13g。 cm / cm 2 s。 a。
4. 環境ジオメンブレンは環境に優しいです。 それは環境保護材料を使用します、不浸透性の原則は一般的な物理学の変化です、どんな有害な材料も作りません、それは環境保護、品種と飲用プールの最良の選択です。

features of environmental geomembrane

Taidongはプロの中国環境ジオメンブレンメーカーです、供給工場価格&あなたが卸売高品質&ampにしたい場合は高品質環境ジオメンブレン、工場価格環境ジオメンブレン、販売のための環境ジオメンブレンを相談する歓迎。

環境ジオメンブレンのパラメータ

厚さ: 0.1mm-4mm
幅: 1-10m
長さ: 20-200m (customized)
色: black/white/transparent/green/blue/customized

HDPEジオメンブレンを使用した環境保護

No. Test item Technical data
Thickness (mm) 0.50 0.75 1.00 1.25 1.50 2.00 2.50 3.00
1 Density g/m2 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94 ≥0.94
2 Tensile Yield Strength (MD&TD) (N/mm) ≥8.5 ≥12 ≥16 ≥19.5 ≥24 ≥31 ≥40 ≥48
3 Tensile Breaking Strength (MD&TD) (N/mm) ≥14 ≥22 ≥29 ≥36 ≥44 ≥58 ≥73 ≥88
4 Elongation at yield (MD&TD) (%) ≥13 ≥13 ≥13 ≥13 ≥13 ≥13 ≥13 ≥13
5 Elongation at break (MD&TD) (%) ≥750 ≥750 ≥750 ≥750 ≥750 ≥750 ≥750 ≥750
6 Tear Resistance (MD&TD) (N) ≥63 ≥100 ≥135 ≥175 ≥205 ≥275 ≥340 ≥410
7 Puncture Strength (N) ≥170 ≥260 ≥350 ≥440 ≥520 ≥700 ≥880 ≥1050
8 Tensile load stress cracking (Constant load tensile method of the incision) ≥500 ≥500 ≥500 ≥500 ≥500 ≥500 ≥500 ≥500
9 Carbon Black Content (%) 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0 2.0-3.0
10 85°C heat aging (Atmospheric OIT retention after 90d) (%) ≥60 ≥60 ≥60 ≥60 ≥60 ≥60 ≥60 ≥60
11 UV protection (OIT retention rate after 1600 h uviolizing) ≥55 ≥55 ≥55 ≥55 ≥55 ≥55 ≥55 ≥55
12 Carbon black dispersion In 10 datas, Grade 3≤1, Grade 4,5 are not allowed
13 Oxidative Induction Time (min) Atmospheric oxidative induction time≧110
High pressure oxidative induction time≧440

環境ジオメンブレンの応用

1. 環境保護および衛生設備(埋立地、下水処理、有毒有害物質処理プラント、危険物倉庫、産業廃棄物、建設、および発破廃棄物など)
2. 保水性(水の浸透防止、水漏れ防止、補強、水路の浸透防止垂直コア壁、斜面保護など)
3. 自治体工事(地下鉄、建物や地下水槽の地下工事、屋上庭園の浸透防止、下水管の内張りなど)
4. 庭(人工湖、池、ゴルフ場の池底地、斜面保護など)
5. 石油化学製品(化学プラント、製油所、ガソリンスタンドタンクの浸透制御、化学反応タンク、沈降タンクライニング、二次ライニングなど)
6. 鉱業(水洗池、ヒープリーチング池、灰場、溶解池、沈降池、ヒープヤード、尾鉱池等の底張り不透水性)
7. 農業(貯水池、飲料池、貯蔵池、灌漑システムの浸透制御)
8. 水産養殖(養魚池の裏地、えびの池、ナマコ輪の斜面保護など)
9. 塩産業(塩結晶プール、塩水プールカバー、塩ジオメンブレン、塩プールジオメンブレン)

application of environmental geomembrane

設置環境ジオメンブレンの注意

HDPEライナーのHDPEジオメンブレンを輸送中に引っ張らないでください。また、鋭利なもので刺さないようにしてください。
1. 底部から高伸張部まで、強く引っ張らないでください。局所的な地盤沈下の場合は、1.50%の残差を残してください。 本事業の実態を考慮すると、斜面は上から下に敷設されている。
2. 隣接する二つの部分の縦方向の接合部は水平線上にあってはならず、1m以上互い違いになっていなければならない。
3. 縦方向の接合部はダムの足と曲げの足から1.5m以上離れていなければならず、平面上に設置されなければならない。
4. 最初にHDPEライナーを斜面に取り付けてから、底部を取り付けます。
5. 傾斜があるとき、フィルムの広がる方向は基本的に最大傾斜線と平行であるべきです。
6. 温度は一般に摂氏5度以上であるべきです、HDPEライナーHDPEジオメンブレンは低温で緊張するべきです、HDPEライナーは高温で緩むべきです。
7. 風は作業条件のために等級4以下です。
8. 気温が低すぎる場合は、グレード4以上の風の強い晴天の日には施工を行わないでください。
9. 風の強い天候では、風がHDPEライナーの構造に影響を与えるとき、溶接されるHDPEライナーは土のうでしっかりと押されなければなりません。

Hot Tags:環境ジオメンブレン、高品質、卸売、工場価格、製造販売、メーカー。

お問い合わせ

Warning: include(../en/wp-content/themes/AB009-en/my-mail.php): failed to open stream: No such file or directory in /www/wwwroot/china-geosynthetics.com/ja/wp-content/themes/AB009-ja/footer.php on line 102

Warning: include(): Failed opening '../en/wp-content/themes/AB009-en/my-mail.php' for inclusion (include_path='.:/www/server/php/73/lib/php') in /www/wwwroot/china-geosynthetics.com/ja/wp-content/themes/AB009-ja/footer.php on line 102